So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ロマンシェ [読書]

また、小説の新しい扉を開けたのかもしれない...。読み始めたときのなんとも言えない気持ち悪さと言うか、僕が読んでいいのだろうかと考えてしまうキャピキャピ感がいっぱいだった。
女性らしさを持つ主人公が、同級生への恋心を抱きながらパリでハチャメチャな出来事に遭遇していく...。いつの間にか、はまっている自分がいるではないか。芸術家である主人公と、物語に登場する小説家の関係が深まっていくことで話の面白味も深まる。小説家とは、自分で自分好みの物語がつくれることに、嫉妬してしまう。僕も自分の物語を書いてみたいし、物語を書くように現実の自分も生きたいと、物語と現実を行き来しながら読み進めていく。
そして、解説まで含めた全部を読み終えたとき、物語がいつの間にか現実とリンクしていた理由がわかった。とんでもなくファンタジーな部分と、現実の世界を繋げてしまうのは、小説家の領域を越えている。
読み終えるのを、もったいないと最後の20ページくらいを後回しにした僕の選択は正しかったのかもしれない。物語をしっかり味わった上で、リアルとの繋がりを知ったのは二度おいしい。もし、今、美術館での展示まで見れたなら、三度美味しいのだが、そこまでうまくはいかないものだ。

さて、これを読んだあの人はどう感じるのか...そんなことを考えることでちゃんと三度美味しいのだ。





ロマンシエ (小学館文庫)

ロマンシエ (小学館文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

星がひとつほしいとの祈り [読書]

この本を手に取った理由ゆえにかもしれないけど、切なくなる短編集だったなぁ。

いけない恋の終末というか、でも望まぬともそうなることもあるじゃないかと、切なさの中に考える。読み終えて思うことは、原田マハさん、なかなか面白いってことかな。ホームページのプロフィールから、すごい道を直感と度胸(←本人曰く)で歩んできたんだなぁと、感心してしまう。努力家なんだろうなぁ。正直者なんだろうなぁ。
この小説のいずれにも嘘はないように思う。そう感じてしまったんだから仕方ない。だから、切なくなる。答えの出しにくい問題提起で、その先にある答えはご自分でどうぞって感じがする。どれが一番...そう言えないのが短編集。どれもそれぞれに違う景色を見せてくれる。そう、まさに実際の街がちゃんと物語に溶け込んでいる。方言がそう、情景がそう、川や駅の名前がそう、僕もそこに行ってみたいと思わせる。実際に、その場所には訪れた人たちのいろんな物語があって、これはその1つが書かれているんだと思う。そうやってちょっとしたきっかけが、止めどなく大きな世界を見せてくれるし、自分の思いを膨らませてくれる。

さてさて、この本にしようと言ったあの子は読んで何を感じるんだろう...それもこの物語のように、ご自分でどうぞ...私は問題提起まで、なのかしら?





星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2013/10/04
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

父からの手紙 [読書]

本屋にふらりと入って、小説を探した。特にどれと決めいたわけではない。なんの用事で本屋に行ったのかも定かではない。

ただ、父と娘の感動ミステリーという帯にひかれて手に取った。

ミステリーだから、事件が起こる。読み始めてみると、父と娘の無上の愛が見当たらない。9年前に起きた事件と、娘の婚約者が殺された事件が平行して走り出す。しばらくはまさに平行で交わりあわない。
二つの事件と、それぞれの当事者。関係者の関係者の過去のいきさつ。読んでいて疲れてしまうくらい話の道筋が見えてこない。さすが長編小説とあるだけのことはある。

ようやく二つの事件が重なり合うようになってからの展開は早い。婚約者の殺人事件は、あれだけ引っ張ってきたのに...こんなあっさりと??と思うくらいだ。

そして、無上の愛の証である手紙は...。現実離れしたもののように感じた。

読むペースも上がらなかったところに、次の読みたい小説を見つけたのが原動力となり、最後まで一気に読み終えることができた。

帯に期待しすぎてはいけない...。





父からの手紙 (光文社文庫)

父からの手紙 (光文社文庫)

  • 作者: 小杉 健治
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/03/14
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

毎月5000円で自動的にお金が増える方法 [読書]

読み出したら一気に読める本だった。
投資について書かれているが、最大の問題は自分の中に築かれてきた信念をいかに変化させるかと言うことである。まず、やってみるためにマイナス思考をやめて、自分はできると言い聞かせる。それは、今の環境の中で考えず、成功している人を真似るなかで自分が持っている情報処理のフィルターを変化させることが必要となる。
6歳までの間は常に録音状態で多くの情報を無条件に吸収していく。そして、それ以降はその情報を再生することで自動的に結論を導きだして意識はしていない。意識しないものは変えられないし、意識するためには自分のフィルターを自覚する必要がある。
子育て世代にはなんとも怖いことだと思う。小さなうちにどんな情報を与えておくべきか...。

投資の具体的な内容は後半の3分の1くらいであった。基本的には、儲けが儲けを生むまでは使うなと言うことだ。

そこが難しい。目先の利益がほしくなるのが人間である。だからこそ思考を変える必要がある。

読んで終わらぬために、ちょっとした実践から始めたい。





毎月5000円で自動的にお金が増える方法

毎月5000円で自動的にお金が増える方法

  • 作者: ミアン・サミ
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

これからの飲食店マネジメントの教科書 [読書]

別に飲食店をやってるわけではない。他業種の本である。
この頃は飲食業界でバイトテロと呼ばれる、店員のふざけた行為がネットに配信されて、体力のある店は売り上げを下げても生き残れるが、少数店舗の店は廃業の危機となる。
では、どんな対策が飲食店には可能か。やはり教育ではないだろうか。この店でバイトしていた子ならば採用しても大丈夫だって企業から思われるような学生バイトを育てていく必要がある。
そして、育てるために必要なスキルと具体例が紹介されている本書を読んで見ると飲食店に行くのが楽しくなるのだ。お客様目線で見ていたものが、働くひと目線になり、経営者目線になる。ちゃんと教育されてると感じる店もあれば、せっかくの味が台無しだということもある。
また、接客に対する姿勢はそのままコミュニケーション能力の向上にも繋がる。僕自身が普段の生活や、会社のなかでいかされる内容がたくさん含まれている。
飲食店の経営は難しいと言われる。教育と同じで行動と評価の間に時間がかかるし、効率的な方法はない。地道さが必要であり、志の共有が必要である。

なんか、普段と違う視点を与えてくれる読書タイムとなった。





採る・育てる・定着させる  これからの飲食店マネジメントの教科書 (DOBOOKS)

採る・育てる・定着させる これからの飲食店マネジメントの教科書 (DOBOOKS)

  • 作者: 山川 博史
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

フォルトゥナの瞳 [読書]

季節はずれのインフルエンザにかかりました。
そんなわけで小説を読む時間ができた訳ですが...。

僕も手くらい透けて見えてますかねぇ?と、いきなりですが誰かの未来が見えると言うのは、学校の先生やスポーツのコーチなんかが、こいつの未来が見えたんだ、なんてのはありますよね。
でも、他人の死期を死を見ることができる。しかも、救うためには自分を犠牲にする。

ちょっとした出来事が人生を変え、世の中を変えることはあるかもしれません。でも、その因果関係はわかりません。振り返ってみて、後悔もしますが、選び直すことはできないし、小さな失敗の先には違う結果があるかもしれません。

時々、僕は考えることがあります。この状況で僕が死んだら誰かが、正確な理由を理解してくれるのだろうか?と。結論は、たぶん誰もわからないし、世間は気にも止めないだろうという考えに至り、ちゃんと生きて伝えなくちゃと思うわけです。
(なんか書いてみると怖い発言ですね...笑)

でも、この物語では最後に理解してくれた人がいたんです。ある意味良かったのかもしれません。

小説を読んでて感じたのは、主人公の葛藤が著者である百田尚樹のイメージで入ってくるんです。著者の存在感が強いと小説にも影響するんですね。あのツルッぱげのおっちゃんが、熱い物言いで、あーでもない、こーでもないって言ってるような感じがして、主人公のイメージが全く違うはずなのに...(笑)
確かに百田尚樹の小説だし、映画化されたさら読んでみるかって思ったんですけど。

先の気になる面白い小説ではありましたよ。最後に愛すべき人を救おうとした彼女に共感です。








フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

  • 作者: 百田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/11/28
  • メディア: 文庫




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

精神科は今日も、やりたい放題 [読書]

タイトルから興味あって購入。こういうのは出版年数から新しい情報を探しますが、文庫化された本のようで、内容は2012年の情報に基づいています。

病気の定義はなんだろう?
その物差しは??

足が痛い...尿酸値が高い、よって痛風。

では、精神疾患は??ってな内容でした。精神疾患には明確な数値で表現される異常はなく、医者の主観で病気だと診断されます。

これまでの読書記録の中で、
ベロニカは死ぬことにした(https://araburutamashii.blog.so-net.ne.jp/2018-08-28)
ドグラ・マグラ(https://araburutamashii.blog.so-net.ne.jp/2017-08-13)
この二つを思い出しました。
そして、その裏付けのような内容でした。
精神科=完全悪な書き方なので、ちょっと行きすぎでは??と思えてくるくらいに痛快です。

これを読んだ上で、必要とあれば精神科への通院となるのでしょう。
対症療法である精神科は、心理学実験が統計のお話と同じであるように、万人に効果はなさそうです。ただ、薬の効果は万人にあります。抜け出せなくなる前に、自分で戦う勇気を持ちたいものです。





精神科は今日も、やりたい放題 医者が教える、過激ながらも大切な話 (PHP文庫)

精神科は今日も、やりたい放題 医者が教える、過激ながらも大切な話 (PHP文庫)

  • 作者: 内海 聡
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/08/03
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

夫のちんぽが入らない [読書]

タイトルとしては抵抗がある。(笑)
ブログタイトルとしての抵抗が...。

読み終えてこんなに切なくなるなんて...。同世代の作家なんだと思う。聖人君子であるべき仕事と、こうなくてはいけないという枠組みに苦しんだんだと思う。
そして、吐き出せたことが救いになったのかな。
誰もがいろいろな事情を抱えて生きている。僕もしかりである。
同じとは言わないが共感することがたくさんあるし、その経験がこうして書籍化されて、新しい仕事となっている。しかも、普段の自分とは切り離された場所で新しい自分...いや、本来の自分でだ。
その両側にある自分が認めるようになったんだなぁ。
世間体という壁の両サイドみたいな。

行間にある想いを考えながら読んだ。自分とリンクさせながら読んだ。
それをサラッと書くなんて...と、驚きながら読んだ。

いつか自分もそうなりたい。





夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

  • 作者: こだま
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/09/14
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

不倫 [読書]

ブラジルの作家、パウロ・コエーリョの作品である。この作家との出会いが、僕には神秘的な体験であった。そんな彼の本を本屋で、また手に取った。そういう気分だったんだとおもう。

そして、主人公である30代女性ジャーナリストは、あるインタビューから、幸せだと感じた安定から幸せを感じずに、安定が故に不安に陥っていく。自分の中に出来た穴をどう埋めるべきか、悩み苦しみ、鬱となり、不安定な自分がもがきながら掴んだロープを信じるように、不倫の道を進む。
しかし、掴んだロープは固定されず、絡んだり引っ張られたりとしながら、思うようにはならない。
それどころか、ロープの先にいる奥様に出会ったことで、ロープが結び付けられたもので、固定された反対側に自分がいるのだと気付いたのだろう。

そんな女性の一時の不安定を、愛という言葉の元に受け入れて包み込む旦那さんの姿はあっぱれだと感じる。

旦那さんも、かつての思いを取り戻そうと誘った旅先で、探し物は過去ではにはなく、安定を見失いそうになる。そうして安定したなかでは、選択しなかったであろう空を飛ぶ体験から、全ては一つに集約されていくことを知る。

人生は長い休暇ではない。常に学びの日々なのだ。
そして最も大事な学びが、愛することだ。

なんかいろいろ僕の心にしみる物語だったなぁ。
短いストーリーの積み重ねられた作風は、ちょっとした時間に読むことができる一方で、スマホが気になったり、仕事が気になったりと、浮気しやすい小説でもあった。





不倫 (角川文庫)

不倫 (角川文庫)

  • 作者: パウロ・コエーリョ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/10/24
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

顔は口ほどに嘘をつく [読書]

すごく久しぶりな投稿です。
なんだか身の回りに変化がありすぎて、本を読む暇もありませんでした。言い訳からです。(笑)
そして、今回の本は何年か前に買って、途中で投げ出されてたのを、改めて手に取りました。
松岡圭祐の千里眼を読んで以来、人の表情を読むと言うことに興味を持ってきました。途中で投げ出してからも、机の見えるところに並べて気にはしてました。
ようやく読み終わりました。
人の感情や表情には、文化に関わらず共通するのかということを、未開の地で、社会との繋がりのない部族を比較対照にしながら表情を分析していきます。
読んでるときは、自分でも顔真似しながら、わかるんですよ。納得、これを記憶して、即座に判断できるようにはなれないし、なんとなくその場の状況を考えると解るような感じがします。結局は自分の経験を裏付けながら読むってことですね。
途中からはどこかで読み流している自分がいました。(笑)

どうらや僕は千里眼にはなれないようです。

人間関係に悩みながら失敗しながら、学んでいくしかないみたいですね。
この本を読んでいる間に何冊も読みたい本を買ってしまいました。
読書タイムが増えるといいなぁ。





顔は口ほどに嘘をつく

顔は口ほどに嘘をつく

  • 作者: ポール・エクマン
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2006/06/03
  • メディア: 単行本







知らないうちに文庫本もでてました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -