So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ノーサイド・ゲーム [読書]

新聞の広告を見た時に読みたいと思った。ただ、小説は文庫でなきゃ買う気にならない。図書館で借りることにした。
ところがなかなか僕の手元に届かない。そして、日曜劇場が始まった。はっきり言って第1話で泣けた。これが周りに聞くと同じ感想を何人からか聞いた。ラグビーはやっぱり熱くなる。

そして、本が届いた。この本を今読み始めると、試験勉強に差し障ると思って中々読み始めれなかった。ところが今朝出張先で読み始めたら、読み終わるまで離してはくれなかった。久しぶりにこんなに集中して小説を読んだ。一言、引き込まれてしまった。

ドラマの第1話と内容が重なりながらもドラマの方がかなり作り込まれた話になっている。原作は割りとあっさりと進んでいくが、ドラマは一話にすでにいくつものドラマがあった。
読み進めるとドキドキが止まらない。ラグビーそのもの、試合の描写も手に汗に切るが、場外での会社内や協会内での話題にさらに考えさせられる。アマチュアイズムを最後まで突き通してきたのはラグビーである。金のためにやるんじゃないという崇高な理念は本当に大切にされてきた。ただ、金はかかる。収益がなく、ファンがいなくなれば、選手だけではラグビーは衰退し、選手もいなくなってしまう。ラグビーが実際に長年かかえてきた問題であろう。誰がに頂くだけ頂いた上で、立派なことだけ言っても中身がなければ意味がない。
ラグビーの素人がラグビーにはまっていく。その気持ちが気持ちがいいほどわかる。ラグビーを嫌いな人はいない。ラグビーを好きな人と、ラグビーを知らない人がいるだけなんだろう。そして、選手が命をかけて闘うときに、仲間は15人ではなく、支える組織が、応援する組織がある。そのいくつももの組織と闘い、改革をして行く主人公はまさにリーダーである。池井戸潤作品らしいおもしろく熱い話だった。

こうやってワールドカップを盛り上げる方法もあるのかもしれない。あの伏見工業の 軌跡をドラマ化したスクールウォーズが大ヒットしラグビーファンが増えたように、ノーサイド・ゲームがラグビーファンやラグビーを始める子どもを増やすきっかけになればと思う。スクールウォーズでは荒くれ者が ラグビーで更正されて行くが、ノーサイド・ゲームではどんな子達がラグビーで夢を見るようになるのだろう??





ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

聖なる怪物たち [読書]

二冊続けて医者を主人公とした話しだ。前回の本を紹介してくれた人が貸してくれた。医療系の話が好きなんだろう。

今回は医療ミス?を犯した医者とその周りで多くの人たちの思惑が重なりあって一つの事件をつくりあげる。
子どもは誰の子で、母はなぜ死んだのか...一人一人の登場人物か、それぞれの思いを持ち、嘘を重ねる。重なった嘘は大きな事実と絡み合って、正義や倫理を越えていく。
誰もが自分の中にあるものと向かい合い、誰もが自分自身を欺きながらこの先にもストーリーは続いていくのかもしれない。
「なぜ、あの時に...」という思いは誰しもが持つものである。そして、その思いはその先の人生で何度も思い出されては自分を苦しめる。
小説のなかで生まれてきた赤ちゃんは、なにも知らず、しかし、両親に常にそんな思いを抱かせながら育っていくのであろう。
嘘から生まれた生と死によって、この物語は最後までハラハラとさせてくれた。医師の倫理や人の道徳を嘲笑うような小説だった。
さて、最後に、もう一人の看護師は、「なぜ、あの時に...」にどう向きあっといるかを想像してしまった。

読みながら、自分も医者になったならと、妄想するだけはタダである。





聖なる怪物たち (幻冬舎文庫)

聖なる怪物たち (幻冬舎文庫)

  • 作者: 河原 れん
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/12/27
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

雲の階段 [読書]

友人にオススメの小説を紹介してもらった。
それが雲の階段である。
東京の離島で医療事務で働く青年が、医師不足の島で医院長に医師としての技術を教わりながら、高校しか出ていないながらも医療行為を行う。だが、島の医師不足は深刻で技術をもつ青年は次第に医師として扱われるようになる。
そこで出会った女性と恋をし、その父親の大病院に医師として働きながら、偽医者であることがいつバレてしまうのか、その危機と医者としての信念や、お金持ちと貧しきものの医療差別について考え、結果的にはそれが原因で出会った昔の仲間からも揺すられるようになり、自分の首を絞める。

さて、上下巻に別れた長編小説で、いつ偽医者とバレてどんな扱いを受けるかをドキドキしながら読み進めたが、いっこうにバレることもなくページ数は減り、最後は...。なんとも許せないきれいな終わり方だったと僕は思う。

この小説について僕は紹介してくれた方になんと報告しようか。
ストーリーはとても面白くドキドキする。主人公の気持ちもよくわかり、なんだか自分も今の仕事が偽物として携わってるような感覚をおぼえた。
決断できない主人公は、その時々に流されて行き着くところまで来てしまった。僕自身も似たところがある。その時々に言い訳を言いながら流される傾向がある。自分に似た主人公にイライラし、共感し、羨ましく思ったり、いろいろな自分に出会いながら読み進めることができた。
そんな最後がさっぱりしすぎて残念な思いが残る小説でもあった。

読んでいてなんとなく口調を真似てる自分が可笑しかった。










新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)

新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)

  • 作者: 渡辺 淳一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 文庫



新装版 雲の階段(下) (講談社文庫)

新装版 雲の階段(下) (講談社文庫)

  • 作者: 渡辺 淳一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

鬼の跫音 [読書]

知り合いに読んでる小説を聞くことがよくある。
多くの場合、素敵だと尊敬する方だ。

さて、道尾秀介のこの本を読んでいると教えてもらった。
6つの短編を集めた文庫本。どれもゾッとする最後を迎える。読んでいる途中で結末が想像できる部分がある。そこからがゾクゾクする。
予想した結末に向かっていくからである。直接は言葉として伝えず、その状況を想像できるような書き方をする。そのイメージだけを残して、物語は終わる。
なんとも不思議な感覚。

僕は根っからの怖がりだが、怖さの種類が違うように思う。
人が殺されるサスペンスであるが、殺されたことに注目されない。登場人物たちの心の部分が注目される。だから怖い。

鬼は人の心に住むのか、それとも普通を鬼に変えてしまう瞬間があるのだろうか。

さて、これを紹介してくれた人はどんな感覚でこの小説を読み進めたのだろう。それを考えるのが次の楽しみだ。





鬼の跫音 (角川文庫)

鬼の跫音 (角川文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ヴァルキリーズ [読書]

アルケミスト以来、気になる著者であるパウロ・コエーリョ。
今回は時間がかかった。とにかく言葉が入ってこない。この物語を物語としてフィクションとして受け入れようとしてきた。しかし、実際にパウロが体験したものだと、あとがきや、解説で知る。天使を探し天使と話すことを目的として旅に出るのだ。なんとも神秘的であるが、最後のところまで来て、フォーカシングであり、未来思考のアドラー心理学のような体験を天使との会話と呼んでいると感じた。
私たちは経験を通じて成長するが、経験が重い足枷となり、本来持つ力を信じられなくなることがある。
その足かせを外し、自分の内側の心を聞くために、人は自然を受け入れて、その偉大さのなかで、足枷の小ささを知らなければいけないのだと思う。
悟りを開くために、修行の旅に出るのと同じような感覚なんだろうか。

なかなか読み進めれない本を、最後に一気に読みきれたのは、次なる目標を与えてくれた人のお陰なのかもしれない。

やはり出会いで人は成長し、力を与えられる。




ヴァルキリーズ (角川文庫)

ヴァルキリーズ (角川文庫)

  • 作者: パウロ・コエーリョ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

ロマンシェ [読書]

また、小説の新しい扉を開けたのかもしれない...。読み始めたときのなんとも言えない気持ち悪さと言うか、僕が読んでいいのだろうかと考えてしまうキャピキャピ感がいっぱいだった。
女性らしさを持つ主人公が、同級生への恋心を抱きながらパリでハチャメチャな出来事に遭遇していく...。いつの間にか、はまっている自分がいるではないか。芸術家である主人公と、物語に登場する小説家の関係が深まっていくことで話の面白味も深まる。小説家とは、自分で自分好みの物語がつくれることに、嫉妬してしまう。僕も自分の物語を書いてみたいし、物語を書くように現実の自分も生きたいと、物語と現実を行き来しながら読み進めていく。
そして、解説まで含めた全部を読み終えたとき、物語がいつの間にか現実とリンクしていた理由がわかった。とんでもなくファンタジーな部分と、現実の世界を繋げてしまうのは、小説家の領域を越えている。
読み終えるのを、もったいないと最後の20ページくらいを後回しにした僕の選択は正しかったのかもしれない。物語をしっかり味わった上で、リアルとの繋がりを知ったのは二度おいしい。もし、今、美術館での展示まで見れたなら、三度美味しいのだが、そこまでうまくはいかないものだ。

さて、これを読んだあの人はどう感じるのか...そんなことを考えることでちゃんと三度美味しいのだ。





ロマンシエ (小学館文庫)

ロマンシエ (小学館文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

星がひとつほしいとの祈り [読書]

この本を手に取った理由ゆえにかもしれないけど、切なくなる短編集だったなぁ。

いけない恋の終末というか、でも望まぬともそうなることもあるじゃないかと、切なさの中に考える。読み終えて思うことは、原田マハさん、なかなか面白いってことかな。ホームページのプロフィールから、すごい道を直感と度胸(←本人曰く)で歩んできたんだなぁと、感心してしまう。努力家なんだろうなぁ。正直者なんだろうなぁ。
この小説のいずれにも嘘はないように思う。そう感じてしまったんだから仕方ない。だから、切なくなる。答えの出しにくい問題提起で、その先にある答えはご自分でどうぞって感じがする。どれが一番...そう言えないのが短編集。どれもそれぞれに違う景色を見せてくれる。そう、まさに実際の街がちゃんと物語に溶け込んでいる。方言がそう、情景がそう、川や駅の名前がそう、僕もそこに行ってみたいと思わせる。実際に、その場所には訪れた人たちのいろんな物語があって、これはその1つが書かれているんだと思う。そうやってちょっとしたきっかけが、止めどなく大きな世界を見せてくれるし、自分の思いを膨らませてくれる。

さてさて、この本にしようと言ったあの子は読んで何を感じるんだろう...それもこの物語のように、ご自分でどうぞ...私は問題提起まで、なのかしら?





星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2013/10/04
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

父からの手紙 [読書]

本屋にふらりと入って、小説を探した。特にどれと決めいたわけではない。なんの用事で本屋に行ったのかも定かではない。

ただ、父と娘の感動ミステリーという帯にひかれて手に取った。

ミステリーだから、事件が起こる。読み始めてみると、父と娘の無上の愛が見当たらない。9年前に起きた事件と、娘の婚約者が殺された事件が平行して走り出す。しばらくはまさに平行で交わりあわない。
二つの事件と、それぞれの当事者。関係者の関係者の過去のいきさつ。読んでいて疲れてしまうくらい話の道筋が見えてこない。さすが長編小説とあるだけのことはある。

ようやく二つの事件が重なり合うようになってからの展開は早い。婚約者の殺人事件は、あれだけ引っ張ってきたのに...こんなあっさりと??と思うくらいだ。

そして、無上の愛の証である手紙は...。現実離れしたもののように感じた。

読むペースも上がらなかったところに、次の読みたい小説を見つけたのが原動力となり、最後まで一気に読み終えることができた。

帯に期待しすぎてはいけない...。





父からの手紙 (光文社文庫)

父からの手紙 (光文社文庫)

  • 作者: 小杉 健治
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/03/14
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

毎月5000円で自動的にお金が増える方法 [読書]

読み出したら一気に読める本だった。
投資について書かれているが、最大の問題は自分の中に築かれてきた信念をいかに変化させるかと言うことである。まず、やってみるためにマイナス思考をやめて、自分はできると言い聞かせる。それは、今の環境の中で考えず、成功している人を真似るなかで自分が持っている情報処理のフィルターを変化させることが必要となる。
6歳までの間は常に録音状態で多くの情報を無条件に吸収していく。そして、それ以降はその情報を再生することで自動的に結論を導きだして意識はしていない。意識しないものは変えられないし、意識するためには自分のフィルターを自覚する必要がある。
子育て世代にはなんとも怖いことだと思う。小さなうちにどんな情報を与えておくべきか...。

投資の具体的な内容は後半の3分の1くらいであった。基本的には、儲けが儲けを生むまでは使うなと言うことだ。

そこが難しい。目先の利益がほしくなるのが人間である。だからこそ思考を変える必要がある。

読んで終わらぬために、ちょっとした実践から始めたい。





毎月5000円で自動的にお金が増える方法

毎月5000円で自動的にお金が増える方法

  • 作者: ミアン・サミ
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

これからの飲食店マネジメントの教科書 [読書]

別に飲食店をやってるわけではない。他業種の本である。
この頃は飲食業界でバイトテロと呼ばれる、店員のふざけた行為がネットに配信されて、体力のある店は売り上げを下げても生き残れるが、少数店舗の店は廃業の危機となる。
では、どんな対策が飲食店には可能か。やはり教育ではないだろうか。この店でバイトしていた子ならば採用しても大丈夫だって企業から思われるような学生バイトを育てていく必要がある。
そして、育てるために必要なスキルと具体例が紹介されている本書を読んで見ると飲食店に行くのが楽しくなるのだ。お客様目線で見ていたものが、働くひと目線になり、経営者目線になる。ちゃんと教育されてると感じる店もあれば、せっかくの味が台無しだということもある。
また、接客に対する姿勢はそのままコミュニケーション能力の向上にも繋がる。僕自身が普段の生活や、会社のなかでいかされる内容がたくさん含まれている。
飲食店の経営は難しいと言われる。教育と同じで行動と評価の間に時間がかかるし、効率的な方法はない。地道さが必要であり、志の共有が必要である。

なんか、普段と違う視点を与えてくれる読書タイムとなった。





採る・育てる・定着させる  これからの飲食店マネジメントの教科書 (DOBOOKS)

採る・育てる・定着させる これからの飲食店マネジメントの教科書 (DOBOOKS)

  • 作者: 山川 博史
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -